サステナビリティCSOフォーラム

HOME > メールマガジン > SDGsメールマガジン ~ずっと続く未来へ~ Vol.27 2016.12.1

SDGsメールマガジン ~ずっと続く未来へ~ Vol.27 2016.12.1
2016/12/1

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 SDGsメールマガジン ~ずっと続く未来へ~ Vol.27 2016.12.1

 サステナビリティCSOフォーラム/環境パートナーシップ会議(EPC)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

もくじ
【1】時事情報:気候変動COP22
【2】SDGs最新情報:SDGs実施指針/ビジネスと人権
【3】サステナビリティ紀行:「貧困の連鎖を断ち切る仕組みを」
   公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)の今井悠介さん
【4】サステナビリティ最新ニュース・キーワード解説
   生物文化多様性
【5】お知らせ・イベント紹介
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【1】時事情報:
気候変動枠組条約COP22が、11月7日から18日までマラケシュで開催されました。2020年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の詳細ルールをおそくとも2018年までに決めるとする作業計画を採択。「温暖化は前例ない憂慮すべきペースで進んでおり、対策をとる緊急の責務がある」「気候変動対策には最大限の政治的努力が不可欠」とする「マラケシュ行動宣言」が発表されました。

【2】SDGs最新情報
SDGs実施指針:
今年5月に発足した政府「SDGs推進本部」は、SDGs推進のための基本方針「SDGs 実施指針」の策定を目指し、11月1日を期限にパブリックコメントを募集しました。実施指針は年内に発表される見込みです。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/

ビジネスと人権:
11月14日から16日に、ジュネーブ(スイス)で第5回「国連ビジネスと人権フォーラム」が開催されました。基調講演では、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」をリードしたジョン・ラギー教授が、SDGsとの関連性について発言し、注目を集め ました。
・ジョン・ラギー教授の基調講演日本語訳(ニューライツ大阪HPより)
http://www.hurights.or.jp/archives/newsinbrief-ja/section3/2016/11/5-4.html

参考情報
・「パートナーシップでつくる私たちの世界 国連の新しい目標-2030年に向けて-」
http://sus-cso.com/kiji/report160331

・「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(正式名称:Transforming our world: the 2030 Agenda for Sustainable Development)英語全文
https://sustainabledevelopment.un.org/post2015/transformingourworld

・持続可能な開発のための2030アジェンダ(国連広報センター)
http://www.unic.or.jp/news_press/info/2030agenda1/

【3】サステナビリティ紀行
さまざまな立場から持続可能な社会の実現に向け活動する方々にサステナビリティを考える上で大切な視点をお伺いするコーナーです。
「貧困の連鎖を解決できる仕組みを」 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)の今井悠介さん
http://sus-cso.com/kiji/suskiko161130

【4】サステナビリティ最新ニュース・キーワード解説]
生物文化多様性:
人は、それぞれの地域の生態系に支えられ、独自の文化様式を育んできました。自然と文化は深い関係を持ち、それぞれが互いに生かし合って存在する社会を目指そうという声が高まっています。生物多様性と文化多様性をつなぐ地域のとりくみを推進し、それらの融合した生物文化多様性豊かな社会をつくるめに、ユネスコと生物多様性条約事務局は2010年に共同プログラムを発足しました。2016年10月27日から29日には、石川県七尾市和倉温泉にて第1回アジア生物
文化多様性国際会議が開催され「石川宣言」が発表されました。宣言には、生物と文化の多様性は私たちの健康や福祉、回復力があり持続可能な社会の構築に役立ち、SDGsの達成においても重要な役割を果たすことが認識されています。

【5】お知らせ・イベント紹介
◯特別展「SDGs-未来につながる17の約束-」
・日時: 9月~2017年1月8日(日)
・会場:JICA中部なごや地球ひろば
・主催:JICA中部
・詳細:https://www.jica.go.jp/chubu/event/2016/20160921_02.html

◯6×REG~ライフスタイルをデザインする~
・日時:12月~2017年3月(各回とも詳細参照)
・会場:東京都市大学二子玉川夢キャンパス(東京都世田谷区)
・主催:東京都市大学、elsa
・詳細:http://elsa2010.wixsite.com/elsa/event

◯全国シンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」~パリ協定と「排出ゼロ」をめざす~【京都】
・日時:12月3日(土)~4日(日)
・会場:京都(各日とも詳細参照)
・主催:気候ネットワーク
・詳細:http://www.geoc.jp/rashinban/event_detail_34303.html

◯シンポジウム「持続可能な循環共生型社会の構築-2020年の国際イベントを契機とするアプローチ」
・日時:12月5日(月) 15:00~17:30
・会場:日本大学会館2F大講堂(東京都千代田区)
・主催:環境情報科学センター
・詳細:http://www.geoc.jp/rashinban/event_detail_34396.html

◯エコプロダクツ2016
・日時:12月8日(木)~10日(土)
・会場:東京ビッグサイト(東京都江東区)
・主催:産業環境管理協会、日本経済新聞社
・詳細:http://eco-pro.com/2016/

◯映画「TOMORROWパーマネントライフを探して」上映会
・日時:12月9日(金)18:10~21:00
・会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
・主催:NPO iPledge
・詳細:http://www.geoc.jp/rashinban/event_detail_34390.html

◯平成28年度地球環境基金活動報告会
・日時:12月10日(土)10:50~18:30
・会場:TFTビル東館9F(東京都江東区)
・主催:独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
・詳細:http://www.geoc.jp/rashinban/event_detail_34374.html

◯第4回グッドライフアワード シンポジウム&表彰式
・日時:12月10日(土) 13:00~18:00(予定) 
・会場:ベルサール八重洲(東京都中央区)
・主催:環境省
・詳細:http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/symposium/

◯持続可能な地域づくりと企業や自治体のパートナーシップ~SDGsを活かした取組事例~
・日時:12月15日(木) 14:00~17:00
・会場:国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場
・主催:環境省、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
・詳細:http://www.geoc.jp/rashinban/event_detail_34381.html

◯連続SRセミナー2016 第3回「ビジネスと人権に関する指導原則」
・日時:12月20日(火)18:00~20:00
・会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
・主催:社会的責任向上のためのNPO/NGOネットワーク(NNネット)
・詳細:http://sr-nn.net/archives/4482

・・・最後に
米国では、感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日は、一年でもっとも買い物が行われるクリスマス商戦日とされ、大きな黒字を生み出すことから、「ブラック・フライデー」と呼ばれています。アウトドアブランドのパタゴニアは、ブラックフライデーの売上全額を、環境保全団体に寄付することを発表し話題になりました。トランプが次期大統領に選ばれたことを受け、地球環境の改善のためのアクションとして、この決断をくだしたそうです。日本でもまさに、クリスマス商戦が展開されています。みなさんにとって「心あたたまる贈り物」とは、どんなものでしょうか…。
(編集部)

お読みいただきありがとうございました。このメールマガジンは「サステナビリティCSOフォーラム」宛にお申込みいただいた方や、名刺交換させていただいた方にお送りしています。登録および解除は、以下のサイトで受付けています。

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 発行:一般社団法人 環境パートナーシップ会議(EPC)
 E-mail: rio20@epc.or.jp http://epc.or.jp  Tel:03-3407-8107
 http://sus-cso.com/
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━〇
  Copyright (C)環境パートナーシップ会議  All Rights Reserved.